前へ
次へ

転職活動で会社を辞めない場合と辞める場合

転職は、現在勤めている会社を辞めないで進めるケースと、辞めてから進めるケースがあると言えます。まず、会社を辞めないで進めるケースのメリットは、「活動期間中も安定した収入を得ることができる」ということです。そのため、活動期間が長引いてしまっても生活に支障をきたすことがなく、じっくり取り組むことができます。次に挙げられるメリットは、「失敗しても今の仕事を続けることができる」ということです。いったん会社を辞めた場合は、失敗すると失業期間が延びてしまいますが、働きながら活動する場合はその心配がありません。会社を辞めないで転職活動を進めるデメリットとしては、「仕事が忙しいと活動ができなくなる」ということが挙げられます。情報収集をするには時間が必要ですし、面接をするとなれば日程調整をしなければなりませんが、仕事が忙しいとそれが難しくなってしまう場合もあるでしょう。そのため、勤務先の仕事の状況によって、上手く活動が進められるかどうかが変わってくるということが言えます。一方で、現在勤めている会社を辞めてから転職活動を進めるメリットとしては、「情報収集や面接の準備にゆっくりと時間がとれる」ということが挙げられます。より条件が良い会社を見つけるためには十分な情報収集が必要になりますし、採用してもらうには面接も万全の体制で臨まなければなりません。ですので、仕事が忙しすぎて活動にとれる時間がなかった場合は、この方法で活動をする必要が出てくることもあるでしょう。

整備スタッフjob
腰を据えて活躍できます。

待遇充実の保安要員
社会保険完備で安心して勤務できます。

自動車通勤OKの警備スタッフ
マイカーで楽々かよえます。

コンストラクション技術者のリクルート
経験を活かして働ける仕事です。

福祉スタッフ採用ページ
高齢者を相手にする仕事です。

会社を辞めて転職活動を進めるデメリットとしては、やはり「収入が安定しない」ということが挙げられます。そのため、早く就職先を決めなければならないと考えるあまり、条件を妥協してしまうということもあり得るでしょう。また、活動期間が長引くと「生活のリズムが乱れて活動をする意欲をなくしてしまう」ということもあるため、自己管理をしっかりすることも重要になります。

Page Top