前へ
次へ

営業求人の転職を成功させるポイント

営業求人の採用担当者は、求職者の年齢だけで判断しません。担当者は先ず求職者の人柄を見て、営業の仕事に向いているか判断します。それ故、未経験であっても、本人にやる気があれば採用の道が開かれます。営業は顧客とのコミュニケーションが肝心となるため、コミュニケーション力の高い人は転職に有利です。コミュニケーション力に関しては、採用面接で判断されます。それゆえ面接の際には、如何に自分を面接官にアピールできるかが大事になります。年齢が高くても人柄を理解してもらえれば充分に採用のチャンスがあります。営業求人に応募する際には、転職エージェントなどを利用するのも選択肢の一つです。キャリアコンサルタントは求職者の適正を判断できるので、求職者に相応しい求人先を紹介してもらえるメリットがあります。マイナス面よりもプラス面を引き出してもらえるのも魅力です。また、就職面接の前には、模擬面接などをしてもらえる転職エージェントもあります。自分をアピールするポイントなどのアドバイスが受けられるので、落ち着いて面接を受けられるわけです。また、転職後のアフターフォローも受けることができ、何か問題が発生した際の心強い味方となります。

Page Top